初日、2日目と続いて、新しい発見が多かった3日目。

本日の講師、小林猛さんは企業が求める人材や江戸しぐさについて講義してくださいました。

「天職」 便り

前半は会社で必要とされる人材や自己PRの仕方について。コミュニケーション能力の大切さはもちろんのこと、コミュニケーションとは何か、コミュニケーション能力を上げるにはどうしたらいいかまで詳しく教えてくださいました。自己PRの作り方についてもストーリー立てて作るなど面接や書類作成で役立つお話をたくさん聞くことができました。

「天職」 便り

後半の江戸しぐさは聞き慣れない言葉だったのですが、講義が終わった後の感想は

「江戸時代の人々の考え方は奥が深い!」

挨拶の意味や3つの「お」など、知れば知るほど江戸の人達がいかにお互いに相手を思いやって行動していたのかが分かり、大変興味深かったです。

相手を思いやる心は今も昔も変わらず大切なものなんだと実感しました!