本日、第六回目の転職学校でした。
講師は、昨日に引き続き、
(株)ユニバーサル・コミュニケーションズ代表取締役 藤崎ひろみ先生です
(株)ユニバーサル・コミュニケーションズHP
まずは、あいさつの基本からはじめました。

先生の佇まいは、とても綺麗で、
姿勢一つにも背すじ・指先パーまで神経を行きわたらす大切さを教わりました。

その次に、人の話を聴く時の大切な「心の架け橋(ラ・ポール)」について、
「心の架け橋(ラ・ポール)」
・アイコンタクト
・笑顔
・あいづち
・うなずき
・質問

以上の点を注意して、話し手のことを否定しない聴く側のマナーを教わりました。
聴き手が無反応ロボットや無表情かお、そして上記の点を意識した場合ニコニコを実践して比較すると、
同じ内容を伝えていても話し手に感情の違いが生じることが理解できました。
本当の話し上手は、聴き上手耳でなければなりませんね。
自分の考えにあてはまるかどうかダウン0~6アップで数値化しそれを発表し、
各々の認識を深め合う交流を行いました。
ここでは、自分の意見を伝えたり、他の方の解釈で新たな発見!!があったりと
大変興味深い内容となりました。
また、別の課題では、短いお話の中の登場人物に対して、嫌いな順位付けを行い、
それぞれの考えをもとに発表し交流を深めました。
一つの言葉に対しても、それぞれに考えを持っておりそれを伝える大切さ、
重要さを感じました。
最後に、美点凝視ラブラブです。
二人一組でお互いに1分ずつ褒めあったんですが、
普段したりされていないととても気恥ずかしかったあせるです。

二日間を通して、先生は美徳の言葉を常に意識されていました。
その根底には、相手に対してありがとうの心使いがとても大切であり、
ビジネスマナーとして必要であると教えて頂きました。
担当I